TOPページへ


マグデブルクのメヒトヒルト
(St. Mechthild von Magdeburg, 1207-1282)


流れ出る神の光 ― Das fliessende Licht der Gottheit
より

恍惚のただなかで私は一つの山を見た。
それは瞬時のことだった。
そこに魂が一瞬たりともとどまるなら、
肉体はとても絶えきれない。
その山のすそ野は雲のように白く、
山の上の頂は太陽のひかりに澄みきって熱く、
どこが始まりでどこが終わりか分からなかった。
山はそれ自身の中から光を放っていた ―
黄金が流れ出るように、えも言えぬ愛に包まれて

私は言った、「主よ、永遠に流れ出る愛を見、
この奇蹟を知った
この目は幸せです。
とても言葉にあらわせません。」

すると山は言った、「あなたの目は
私を見るためにある。
そのために七つのもので浄められなければならない。
その七つとは、
人に負い目を追うことを喜ばず、
喜んで他者を許し、
何も所有せず、
憎しみに対して高貴であり、
残忍なものを愛を以て迎え、
罪を犯さず、
心を備えてすべてを受け入れる ―


主よ、あなたは私の愛する方
私のあこがれ
私の流れ出る泉
そして私はあなたを映し出す鏡です。

主よ、私をリードしてください、私は踊りましょう
歌を歌ってください。
私は高く飛び跳ねましょう。
私はあなたの愛の中に飛び込みます。
愛しながらあなたとひとつになり
ひとつになって歓びの中へ
この世のはるかかなたへ

わたしは、すべてを捨てて神に向かわなければならない
神は私を生んだ父、
私を支える兄弟、
私を愛する花婿、
そして私は、この世のはじめから彼のもの。

マグデブルクのメヒトヒルト
Mechthild von Magdeburg



TOPページへ